各種コンテンツまとめ

 これまでの記事をまとめています。
経営関係コンテンツ
 おもに経営戦略論、マネジメントなど様々な経営に関する考えを記事にしております。

経営戦略論

経営戦略論の一覧。【経営戦略論6】現代の戦略[MOT、国際化戦略、提携戦略、CSR〕〜M&A〜 -  これまで企業における経営戦略の概要をまとめてきたが、今回は現代における経営戦略を簡単にまとめてみたい。現代では、日々テクノロジー技術の発展を無視することはできない。また国際競争も進み、企業は国内のみならず、世界全体において熾烈な企業競争を行なっている。そのうえで、現在のトレンドを見て、時代に即した戦略を打つことが重要になる。 技術戦略(MOT)1.イノベーションとは?  世の中の技術が進むにつれ、様々なイノベーションが社会で起こっている。このイノベーションは、大きく二つに大別される。 ひとつが「プロダクトイノベーション」、そしてもうひとつが「プロセスイノベーション」である。プロダクトイノベーションとは、製品自体にイノベーションを起こすことであり、プロセスイノベーションとは、生産工程自体にイノベーションを起こすことだ。  当然、イノベーションにもライフサイクルがあり、基本的にS字カーブを描き、イノベーションは技術成果を向上させていく。不確実な状態から拡大状態にはいり、そして成熟した状態になるのがイノベーションのライフサイクルだ。 しかしながら、圧倒的な新技術などはこのライフサイクルには当てはまらない。S字カーブのような連続状態ではなく、不連続性、極めて突発的に生まれることが新技術のイノベーションであることも忘れてはならない。 またイノベーションの種類には2つのパターンがある。ひとつは持続的イノベーション。インクリメンタル、つまり製品を改良することで新たなイノベーションを生み出すことが持続的イノベーションである。またそれと対をなすのが、ラディカル(破壊的)なイノベーションだ。こちらは、全く新しい価値観を市場に提供する。新顧客層を取り込み、市場全体で大きなイノベーションを生み出す。 ちなみにこのような破壊的イノベーションは、リーダー企業からは生まれにくいと言われている。リーダー企業は既存顧客に対してのサービスに注力を注ぐがゆえに、既存の市場を壊す破壊的な新しいサービスを生み出すイノベーションからは避けたくなることが、特徴的である。[イノベーションのジレンマ〕2.製品アーキテクチャ 製品構造において、現代のプロダクトには、2つの種類がある。ひとつが、インテグラル型といわれる

南総合研究所

経営

経営の一覧。【経営戦略論6】現代の戦略[MOT、国際化戦略、提携戦略、CSR〕〜M&A〜 -  これまで企業における経営戦略の概要をまとめてきたが、今回は現代における経営戦略を簡単にまとめてみたい。現代では、日々テクノロジー技術の発展を無視することはできない。また国際競争も進み、企業は国内のみならず、世界全体において熾烈な企業競争を行なっている。そのうえで、現在のトレンドを見て、時代に即した戦略を打つことが重要になる。 技術戦略(MOT)1.イノベーションとは?  世の中の技術が進むにつれ、様々なイノベーションが社会で起こっている。このイノベーションは、大きく二つに大別される。 ひとつが「プロダクトイノベーション」、そしてもうひとつが「プロセスイノベーション」である。プロダクトイノベーションとは、製品自体にイノベーションを起こすことであり、プロセスイノベーションとは、生産工程自体にイノベーションを起こすことだ。  当然、イノベーションにもライフサイクルがあり、基本的にS字カーブを描き、イノベーションは技術成果を向上させていく。不確実な状態から拡大状態にはいり、そして成熟した状態になるのがイノベーションのライフサイクルだ。 しかしながら、圧倒的な新技術などはこのライフサイクルには当てはまらない。S字カーブのような連続状態ではなく、不連続性、極めて突発的に生まれることが新技術のイノベーションであることも忘れてはならない。 またイノベーションの種類には2つのパターンがある。ひとつは持続的イノベーション。インクリメンタル、つまり製品を改良することで新たなイノベーションを生み出すことが持続的イノベーションである。またそれと対をなすのが、ラディカル(破壊的)なイノベーションだ。こちらは、全く新しい価値観を市場に提供する。新顧客層を取り込み、市場全体で大きなイノベーションを生み出す。 ちなみにこのような破壊的イノベーションは、リーダー企業からは生まれにくいと言われている。リーダー企業は既存顧客に対してのサービスに注力を注ぐがゆえに、既存の市場を壊す破壊的な新しいサービスを生み出すイノベーションからは避けたくなることが、特徴的である。[イノベーションのジレンマ〕2.製品アーキテクチャ 製品構造において、現代のプロダクトには、2つの種類がある。ひとつが、インテグラル型といわれる製品だ

南総合研究所


仕事ノウハウ
 仕事で役に立ちそうなノウハウを集めております。

仕事ノウハウ

仕事ノウハウの一覧。オフィスの存在意義が問われているが、それと同時に仕事の存在意義も問われている -  ほぼリモートワークになってはや1ヶ月経つ。どうやら緊急事態宣言もあと1ヶ月程度延長されるようだ。ちなみに私が4月に外出したのは、全部で2回。8割どころか9割以上、外出を自粛できていることに自分自身でも驚いている。 先日、久しぶりに仕事のため、新宿に行ったが、変わり果てた街の光景に驚愕した。まさに北斗の拳の世界である。街は軒並みシャッターが閉まり、人もまばら。凄まじい光景である。 ただ、個人的に思うのが、この状況をあと1ヶ月も続くと、確実に経済状況は大変なことになるだろう。物凄く楽観的に考えると、感染者数も減少しているので、さっさと経済活動を再開したほうが良いのかもしれない。何事もバランスが大事なのだが、このままほぼほぼ経済活動を停止させると、その反動はとても大きいものであるように思う。 とはいえ、この1ヶ月散々リモートワークをやっていて気付いたこともたくさんある。それは、多くの企業が自社に必要以上の余剰人数を抱えていたということを理解し始めているということだ。もっとストレートにいえば、「無駄に人が多く働いていた」ことが鮮明になっている。 今回、リモートワークになり、どの企業もサービスの最適化を図らなければいけない局面に立たされているが、その局面において、圧倒的に人が余ってしまっている。これは「外出規制のため縮小せざるを得ない」という文脈と「サービスの最適化を進めると人が無駄に多いことに気づいた」というふたつの軸があり、混同しがちになるが、このふたつは根本的に異なる。 これを機に自社のサービスを見直してみると、あれ?こんなに人って必要ないよね?という企業がおそらく水面下では頻繁しているのではないだろうか。そうすると、いよいよ企業の人員整理は進み、社会構造は大きく変わっていくだろう。 「組織スラック」という概念がある。組織スラックとは、組織の余剰人材が組織間の衝突の緩衝材になり、またイノベーションを起こす源泉になる可能性を持つことがある。人が余剰であれば、その際にイノベーションが生まれやすく、新規事業を立ち上げやすい。このような組織スラックを上手く活用する企業も多いだろう。 これまではこの組織スラックを企業としてどのように活用するのかがとても重要だったのだが、今やその

南総合研究所


不動産関係
 不動産業務別の記事や今後の不動産業界に関する記事などです。

賃貸仲介業務ノウハウ

賃貸仲介業務ノウハウの一覧。賃貸物件の申し込み後のキャンセルはできるのか? -  この数年、いや下手したら14.5年程のあいだ、この表題の件をユーザーから質問されることが非常に多い。実際のところ、賃貸物件を申し込んだあと、物件はキャンセルできるのかどうかという、不動産会社で働くもの、もしくはその付随した業務を行う人たちにとっては、基本中の基本の質問であるこのことに対して、明確な答えというのは、特に決まってはいない。そして意外なほど、この質問、疑問を持っているユーザーがとても多いことを不動産会社は忘れがちになる。 さらに、またこの質問は、思いのほか、不動産業の構造的な欠陥の芯をついている。 まず、この申し込み後のキャンセルは可能かどうかに対する答えはこうだ。 「可能です」 ユーザーが明確な意思決定をしながらも、物件をキャンセルすることを仲介会社は止めることができない。申し込みの際に申込金を頂くことも、現在は奨励されていない。(もっとわかりやすく言えば、申込金を取るな、と指導されている) 契約というのは、口頭であれ意思を伝えれば効力を発するという原則があるので、例えば物件を申し込んだ段階で契約が効力化するという言い分があるかもしれないが、おそらくこの物件の申し込み段階で契約成立ではないか、と裁判で争っても、現段階では勝利はしないだろう。また特に現時点ではそういった判例もない。 では、物件を申し込んでも契約しなければいくらでもキャンセルできるのだ、と言われれば、それはその通りかもしれないが、それだと実際には困ると言いたいところが不動産会社側の言い分だ。 まず部屋留めの方法から見直してみたい。 首都圏、大阪などの政令都市では、まず気に入った物件があればユーザーは申込書に個人情報を書き込む。現在はウェブ申込なども普及し始めている。この申込用紙と身分証を添えて、物件を管理している管理会社にメール、FAXなどで送り、初めて部屋が止まる。 部屋が止まった段階で、管理会社はまず保証会社に審査をかける。そしてその後オーナーに最終確認を取り、オッケーを貰った後に、入居日を決め、契約準備に取り掛かる。 これが所謂、通常の申し込みから契約の流れだ。この段階で管理会社はそれなりの事務作業が発生する。また物件は数週間の空室リスクが発生する。 たとえば全く契約する気のないユーザーが、とある現在空室

南総合研究所

賃貸管理業務ノウハウ

賃貸管理業務ノウハウの一覧。オーナーが賃貸管理会社を選ぶポイント -  オーナーには様々なタイプのオーナーがいる。先祖代々の地主のため相続税が発生するため、マンション経営を行うオーナー。また資産運用のために物件購入するオーナー、はたまた法人の資金運用のために物件を購入する法人オーナー、などなど様々なタイプのオーナーがいる。 オーナーが物件を購入したり、建築する機会は、個人的な経験だが、やはり不動産会社から直接の営業を受けて決断されることが多いようなイメージがある。たとえば資産運用をしよう、と思い立ち、投資系サイトを見て物件を購入するオーナーは、そこまで多いとは感じない。それよりも、自分の身近な不動産会社の社員のかたに相談したり、また飛び込みなどの直接営業で節税を考え始めるオーナーのほうが多い。 後者のような場合、当然、直接的な営業をした不動産会社がオーナーの物件を管理することになる。新築のあいだは、物件、入居者のトラブルはあまりないだろう。しかし5年経ち、10年も経ってくると、様々なトラブルが生まれてくる。長期空室の発生、退去トラブル、設備不良など。物件を購入した当初の管理会社の担当者も退職してしまい、なかなか相談をすることが、億劫になる。その時になり、初めてオーナーは、管理会社を変えよう、と決意する。 管理替えの営業は不動産会社にとってなかなか難しい部分があるが、それでも地道に知恵を絞り、いろいろな手法で自社の管理サービスのアピールをしなければいけない。このあたりが不動産会社の底力の差が生まれてくるところだろう。 いっぽうオーナーにとっては、本当に良い管理会社か見抜かなければいけない。ここでは、オーナーにとっての最適な管理会社を選ぶ際のポイントをまとめてみる。

南総合研究所

不動産業界

不動産業界の一覧。賃貸物件の申し込み後のキャンセルはできるのか? -  この数年、いや下手したら14.5年程のあいだ、この表題の件をユーザーから質問されることが非常に多い。実際のところ、賃貸物件を申し込んだあと、物件はキャンセルできるのかどうかという、不動産会社で働くもの、もしくはその付随した業務を行う人たちにとっては、基本中の基本の質問であるこのことに対して、明確な答えというのは、特に決まってはいない。そして意外なほど、この質問、疑問を持っているユーザーがとても多いことを不動産会社は忘れがちになる。 さらに、またこの質問は、思いのほか、不動産業の構造的な欠陥の芯をついている。 まず、この申し込み後のキャンセルは可能かどうかに対する答えはこうだ。 「可能です」 ユーザーが明確な意思決定をしながらも、物件をキャンセルすることを仲介会社は止めることができない。申し込みの際に申込金を頂くことも、現在は奨励されていない。(もっとわかりやすく言えば、申込金を取るな、と指導されている) 契約というのは、口頭であれ意思を伝えれば効力を発するという原則があるので、例えば物件を申し込んだ段階で契約が効力化するという言い分があるかもしれないが、おそらくこの物件の申し込み段階で契約成立ではないか、と裁判で争っても、現段階では勝利はしないだろう。また特に現時点ではそういった判例もない。 では、物件を申し込んでも契約しなければいくらでもキャンセルできるのだ、と言われれば、それはその通りかもしれないが、それだと実際には困ると言いたいところが不動産会社側の言い分だ。 まず部屋留めの方法から見直してみたい。 首都圏、大阪などの政令都市では、まず気に入った物件があればユーザーは申込書に個人情報を書き込む。現在はウェブ申込なども普及し始めている。この申込用紙と身分証を添えて、物件を管理している管理会社にメール、FAXなどで送り、初めて部屋が止まる。 部屋が止まった段階で、管理会社はまず保証会社に審査をかける。そしてその後オーナーに最終確認を取り、オッケーを貰った後に、入居日を決め、契約準備に取り掛かる。 これが所謂、通常の申し込みから契約の流れだ。この段階で管理会社はそれなりの事務作業が発生する。また物件は数週間の空室リスクが発生する。 たとえば全く契約する気のないユーザーが、とある現在空室の物件を申

南総合研究所


映画、音楽、本など
 音楽や映画などの作品の紹介をしております。

映画

映画の一覧。「#STAY HOME」の状況を楽しみ、希望を取り戻す映画5選 -  本格的なGWに突入したが、残念ながら今年は旅行にもキャンプにも行くことができない。私も今年は徹底的に家にいるように努めている。そうはいっても、諸々の細かい仕事や、やるべきことがあり、なかなか丸一日暇な日というのはないわけだが、それでもやはりそれなりに時間はある。 毎朝、犬の散歩をしたり、デスクワークをしたり、勉強をしたりしているが、なかなか時間を持て余すことも多い。世の中ではリモート飲み会なるものが流行っているが、私は家族がいるので、あまり乗り気にはならない自分がいる。やはり、家の外で容赦なくビールを飲み、大声で下世話な話をする飲み会が好きなのだ。あまりにもプラスにならない、なんだかよくわからないグダクダの会話、馬鹿話が一番のストレス解消になる。そこにカラオケボックスにでも行って、ブルーハーツやら永ちゃんやら安全地帯やらを大声で歌えれば、フルコースでストレス解消は完了だ。 しかし、今年はそうはいかない。上記のようなことをするのは、完全にNGだ。なかなかストレスが溜まっていくような気がしないでもない。 そこで、家にいることでも希望が持てることになるような映画を今年は見るようにしよう。限られた空間、状況のなかでも、人は夢を見ることができる。そんな抑制された状況、また肉体的にも心理的にも限定的でありながらも、心がほっこりする映画を今回は紹介したい。1.南極料理人

南総合研究所

音楽

音楽の一覧。【THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 名盤】諸々のストレスをぶち壊すためにミッシェルを聴いて家で暴れる -  本格的なリモートワークになって10日程経つだろうか。最初は、zoomでの打ち合わせも、家での作業もなかなか快適だった。しかし10日近く、家族以外との接触がない状態が続くと、ストレスが溜まっていく。これが一人暮らしだったら、尚ツライものがあるだろう。 このストレスの原因は、特に家での作業が多いからだとか、運動不足だからというのが原因ではない。犬の散歩もしているし、ストレッチや筋トレもしている。また誰かと会わないこともそこまで大きなストレスの原因ではないだろう。 おそらく「何かが欠けている状態」、「もしくは何かを我慢している状態」というのがキツイのだ。これがリアルな打ち合わせだったら、これがリアルでのコミュニケーションだったら、という「理想」と「現実」のギャップが堪らないのだと思う。もう数え切れないほど聞いた「コロナが落ち着いたら、〇〇しましょう」という言葉。残念ながらこれが「いつ落ち着くか」は誰もわからない。「あるべき姿」がとても不安定であるがゆえに、ひとつひとつに気が滅入っていくのだろう。 世間では、力を合わせてこの難局を乗り越えようと、多くのミュージシャンがSNSを利用して様々な取り組みを行なっている。これはこれでとても素晴らしいものだ。アーティストの生の声を聞くことができるし、出血大サービスのように過去のライブ映像を配信してくれるミュージシャンもいる。しかしこのような様々なモノを聞いたり、見たりしても、なかなかこのなんとも言えないストレスをぶち壊すことは難しい。 密閉したライブハウスで、密集したオーディエンスに、ステージで密接に立つメンバー4人がただだ攻撃的に演奏する。そんな日本ロック史上最高にカッコ良いバンドが20年程前にいた。その名はミッシェルガンエレファントというバンドである。 ロック好きなら知らない人はいないだろうが、今の20代のかたになると、知らない人は多いかもしれない。 個人的には、後にも先にもこんなロックバンドはいないだろう。モッズスーツのスタイリッシュさとパブロックを基調としたパンクサウンド。そして唯一無二の高速カッティングギター。一度聞いたら忘れないしゃがれたボーカルの声。 彼らのサウンドはまさに「理想」と

南総合研究所

本の一覧。現代の物語り人 ポール・オースターの傑作5選 -  ポール・オースターという名前を聞いてピンと来る人は、はたして世の中にどれだけの人がいるだろうか? 海外小説が好きな人でも、古典ではなく、現代作家に多少の造詣がある人なら、必ず反応する名前だ。しかしながら、メジャーな作家かと言えば決してそうではない。かといって、カルト作家だと言われるほど、マニアックな作家ではない。 オースターの作品に触れるきっかけは、村上春樹の影響によるという人も多いだろう。ただ、彼がオースタの作品の翻訳しているわけではなく、彼と親交の深い柴田元幸氏が全ての作品を翻訳しているところで、興味を持って読み始める人が多いようだ。 そして、村上春樹の作品が好きな読者なら、オースターの作品はほぼ好きになる傾向があるように思える。 折に触れて、私自身もオースターの作品を読む直すことがある。これは、一種の中毒のようなもので、数年間のブランクがあっても、ときに強く彼の不思議な物語に触れたくなる。何故そうなってしまうのかは、理由はわからない。 彼の物語の特徴は、偶発性と重層性だ。突発的で些末な出来事が人生の歯車を狂わせ、物語をあらぬ方向に進めてしまう。 そしてその止めることのできない偶発的なストーリーがひとつの小説のなかで重層化していく。 たった一試合のポーカーの勝負で人生が狂い始める男、またとあるバイトをしたことで、自分の出生の秘密を知ってしまうもの。ここには人生の教義めいたものはない。あくまで偶発性による出来事が物語の加速度を上げていくのだ。  彼の作品を初期から読んでいくと、「記号性」→「偶発性」→「寓話性」→「多層性」と進化を遂げていることがわかる。 これはある種、我々の人生のようなものと同じなのかもしれない。今後どのように彼の物語が進化していくのかとても興味深い。 たまに飲み会や会食で、本の話になった時、オースターが好きな人と出会うことがある。これは本当に嬉しい経験だ。まるで自分たちの秘密を分かち合ったような気分になる。 いつかオースター好きな人たちと、飲み会でもしてみたいものだ。 ということで、お気に入りの彼の作品をピックアップしてみる。独断と偏見ですので、ご了承ください。

南総合研究所


日々雑感

生き方

生き方の一覧。オフィスの存在意義が問われているが、それと同時に仕事の存在意義も問われている -  ほぼリモートワークになってはや1ヶ月経つ。どうやら緊急事態宣言もあと1ヶ月程度延長されるようだ。ちなみに私が4月に外出したのは、全部で2回。8割どころか9割以上、外出を自粛できていることに自分自身でも驚いている。 先日、久しぶりに仕事のため、新宿に行ったが、変わり果てた街の光景に驚愕した。まさに北斗の拳の世界である。街は軒並みシャッターが閉まり、人もまばら。凄まじい光景である。 ただ、個人的に思うのが、この状況をあと1ヶ月も続くと、確実に経済状況は大変なことになるだろう。物凄く楽観的に考えると、感染者数も減少しているので、さっさと経済活動を再開したほうが良いのかもしれない。何事もバランスが大事なのだが、このままほぼほぼ経済活動を停止させると、その反動はとても大きいものであるように思う。 とはいえ、この1ヶ月散々リモートワークをやっていて気付いたこともたくさんある。それは、多くの企業が自社に必要以上の余剰人数を抱えていたということを理解し始めているということだ。もっとストレートにいえば、「無駄に人が多く働いていた」ことが鮮明になっている。 今回、リモートワークになり、どの企業もサービスの最適化を図らなければいけない局面に立たされているが、その局面において、圧倒的に人が余ってしまっている。これは「外出規制のため縮小せざるを得ない」という文脈と「サービスの最適化を進めると人が無駄に多いことに気づいた」というふたつの軸があり、混同しがちになるが、このふたつは根本的に異なる。 これを機に自社のサービスを見直してみると、あれ?こんなに人って必要ないよね?という企業がおそらく水面下では頻繁しているのではないだろうか。そうすると、いよいよ企業の人員整理は進み、社会構造は大きく変わっていくだろう。 「組織スラック」という概念がある。組織スラックとは、組織の余剰人材が組織間の衝突の緩衝材になり、またイノベーションを起こす源泉になる可能性を持つことがある。人が余剰であれば、その際にイノベーションが生まれやすく、新規事業を立ち上げやすい。このような組織スラックを上手く活用する企業も多いだろう。 これまではこの組織スラックを企業としてどのように活用するのかがとても重要だったのだが、今やその組織ス

南総合研究所